業務の効率化のため|電話受付などの業務は秘書代行に依頼!ビジネスの手間を省くサービス
男の人

電話受付などの業務は秘書代行に依頼!ビジネスの手間を省くサービス

業務の効率化のため

オフィス

勤務時間管理の重要性

勤怠管理を行うことは、会社にとっての責務です。一つには、社員が時間外労働や休日出勤をした場合に、それに対する残業代や休日手当を支払わなければなりませんが、そのためには基礎となる勤務時間を正確に把握しなければなりません。また、社員が過重労働を行っている場合は、その状況を把握し、業務軽減などの措置を実施しなければなりませんが、こちらも勤務時間を正確に把握していなければできないことです。社員の過重労働によるメンタルヘルスは、社員にとって辛いことであるだけでなく、会社にとっても損失であるだけでなく、安全配慮義務違反となります。勤怠管理は、タイムカードに打刻することが主流でしたが、その集計業務などに多大な労力と時間を要してきました。一方で、IT化の急速な進展によるクラウドの活用が検討され、これがクラウド型勤怠管理システムの開発につながりました。

ネットによる勤務時間管理

クラウドとは、英訳すると雲ですが、この雲は巨大なサーバー群とそれらが処理する情報を表しています。自社のサーバーがなくても、クラウドに情報を預けておき、好きな時に好きな場所から取り出すことができます。従って、インターネットの環境さえあれば、導入費用があまりかかりません。離れた場所にある支店の出退勤も含めて一括管理できますので、会社側のコスト削減が格段に進みます。さらに、部門ごとに管理画面を共有したり、社員それぞれが管理画面を見たりすることができますので、不備や無駄な工程を発見し、業務時間に対する意識向上にもつながります。クラウド型勤怠管理システムは、経営側にとっても、社員にとっても、勤怠管理を効率化するメリットがあります。